やる気がない。


こんにちは。
東京台東区上野御徒町
自律神経専門院
吉民整骨院院長の
西海晃斗です。

 


では・・・

 

先日、定期的にご来院いただいている
40代の女性の患者さんが
やる気が出ないということを話されていた。

 

そういう時にはどうすれば良いのか?
一番やりやすいのが
無理にやる気を出すこと。

 

もしくはそのままやる気が出ないなぁと
やり過ごすこと。
これで改善できればいいのですが、
これでは改善できない時も多い。

 

その時はやる気が出る食べ物、環境に頼るのも一つの手ですが、
この女性は何をすればいいのか全く分からなかった。
だから私は何も着ないで寝てください。
と伝えた。

 

最初はえっ、、、
っと恥ずかしそうだったが、
その意味もお伝えしました。

 

もう一つ伝えなくてはと思い、
魂が何を望んでいるのか知る、
やり方を伝えました。

 

コインを使うのですが、
それを知った時に
ニコッと笑っていた。

 

自分の魂が望んでいることを、
理性、左脳的考えにより
行動を制限することで、
ココロもカラダも辛くなる。

 

現に本人に呼吸の入り具合を
試していただいたのだが、
とても楽になっていた。

 

私がこの方が考えている理性的、
常識的な囚われの言葉を発すると、
息が入らなくなり、
喉、胸が苦しそうになっていた。
何度も何度も咳こんでいました。

 

実際、やる気が出ないことが
何か違う病気なのではないのかと
不安になったり
考えすぎて、頭痛が起きたり
視界不良になったり
手足に痺れが起きたり
首の動きが悪くなっていた。

 

その状態が続くと
自律神経は乱れてきて
当然になってくる。

 

施術後は視界が明るくなった
と話していた。
そして、私がその選択をすると
みんなに怒られるんですよ。
と言っていた。

 

これが理性で止めていたのでしょう。
その選択を自分の魂が望んでいるのなら
後悔しないように進んだ方が良い。

 

それがココロもカラダも
楽になるということです。

 


縁ある方々に対して

お役にたてるように
貢献できるように
生きます。

 

地球に
日本に
ご先祖の方々に
感謝しています。