坐骨神経痛

ご予約はこちらから

  • 東京の自律神経整体「吉民整骨院」
  • お問合せ・ご予約はコチラ
こんなお悩みを抱えるあなたへ
  • 病院でレントゲンやMRIをとったが“異常なし”と言われた。
  • シップ、痛み止め、マッサージなどをしているが変わらない。
  • 夜も眠れなくて困っている。
  • 様々な治療をしたが、痛みが変化しない。
  • 老化だから、手術をした方が良いと言われ不安

当院の施術で症状が改善された方たちの声

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛とは、さまざまな原因により、坐骨神経が刺激されることに起因する神経痛。

原因

坐骨神経、脊椎神経根の圧迫、梨状筋症候群、腰部脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、腰椎すべり症などが原因。
最も多い原因は腰椎椎間板ヘルニアであり、約90%の坐骨神経痛はこれが原因とされている。

なぜ当院の整体施術で坐骨神経痛が根本改善するのか?

シップを貼ったり、痛み止めのお薬を飲んでも、電気をかけても、腰を引っ張っても、改善されない方が多いです。
また、我慢できない痛みがあり、とても辛い症状です。
私の父親も悩まされ、私もスポーツをしていた時に悩まされたので、気持ちがよく解ります。

坐骨神経が圧迫されている箇所を開放する整体調整をしていきます。
また、腰、臀部などの局所だけではなく、各関節を丁寧にチェックさせていただき、各箇所の歪みを見ていき、歪みがあるようだったらその部分を改善するようにしていきます。
その様な整体治療をしていくことで、毎回身体に変化を感じることができます。

施術では、まず一番上の首の骨の歪みを取っていきます。
これだけでも首肩、背部のコリの改善に気がつかれる方も多いです。
この首肩、背部のコリが取れてくると、症状は一気に改善に向かいます。
首には神経が集中しているので、この神経を刺激している骨格の歪みを取ることで、神経の働きが正常化して、過緊張状態だった身体がリラックスすると考えています。
自律神経が乱れている人は呼吸が浅く、自分では力を抜いているつもりですが、実際は力が抜けていない人が多いです。
また、各関節の検査により、歪みが起きている部分を矯正していきます。

長時間の施術で身体が緊張しないように、アメリカ製の特別なベッド、今治産のタオルを使用しております。
また施術と同様に大切なのが、今までの生活習慣の改善です。
食事、夜更かし、過度の飲酒などは控えて、正常な生体リズムを取り戻していくことが、施術と同じく大事なこととなります。

自律神経の乱れの原因、そのストレスが解っている患者様には、どのようにすればストレスが解消されるのかを、施術と共に心理カウンセリングにより解決していくことも可能です。
さらに今までの生活習慣、思考、言動、行動を変えていくことと、施術が組み合わせられると、症状の改善度は飛躍的に上がります。

その中で、近年注目されているのが、呼吸法です。つまり瞑想です。
スティーブジョブズ、ビルゲイツ等の著名な方も、呼吸法をされていたそうです。
自律神経の中でも、呼吸は自分でコントロールできる分野です。そのコントロールできる分野に対してのアプローチを当院は出来ます。
結果、ゆったりとした、穏やかな呼吸が出来るので、自律神経が緩み休まってきます。

今起きている結果(問題)を、無くしていくためには、その原因を見極め、その原因を切っていくことが鍵となります。
薬やマッサージなどは症状を改善させるものではなく、症状を緩和させるために用いられます。根本解決にはならなく、その場しのぎの対症療法です。

当院の整体施術の実績では、早ければ1ヶ月、約6回の施術(お身体の状態により変わります)、遅くても半年以内に改善に向かって行きます。
改善される時間は、ご本人の自覚と生活習慣の努力もあります。
症状が無くなった=治ったではございません。 一時的に症状を止めている状態です。

再発しない様に、根本から解決していくには、定期的な整体施術(メンテナンス)をお受けすることをお勧め致します。

施術・流れ

自信をもって治療できるわけ

DVDや書籍の出版。
セミナーや講習会の開催。
雑誌や新聞にも取り上げられるなど、幅広く活躍をしております。

安心して来院ください。

キャンペーン内容

院長紹介

西海 晃斗(さいかい あきと)
1975年生まれ 青森県出身

国家資格 柔道整復師
溝口メンタルセラピストスクール公認
心理カウンセラー
催眠心理療法カウンセラー

自律神経症状改善の専門院の吉民整骨院

症状の根本解決と再発防止、生涯、ココロとカラダが元気でいれるような、身体づくりのサポートをいたします。

キャンペーン内容

症状別

営業カレンダー

MAP

吉民整骨院
台東区台東3-27-10-102

  • カテゴリー

  • アーカイブ