笑えない。


こんにちは。
東京台東区上野御徒町
自律神経専門院
吉民整骨院院長の
西海晃斗です。

 


では・・・


先日、二週間に一度、
定期的にメンテナンスの整体治療に来られている患者さんが、
こんなことを話していました。


先生、笑えないんです。。。


笑えているように見えますけど?


でも、、、


心から笑えないということですか?


はい。

笑うって一見すると簡単なことですが
この方がお話ししていたのは、
笑うことを忘れたと言っていた、、、


笑うことが忘れるなんてあるの???

と思われるかもしれない。
だがあるのです。


人間の感情とは95%が不快な感情でできています。

ですから、自分が心地よくしていかなければ
喜び、笑う感情は5%だけいうことになります。


食べ物から、この方にアドバイスをしました。

五分の短いカウンセリングをして整体治療をしたのですが
最後にクリームメロンソーダを飲むことで解決したのでした。


笑えない、そして周囲の人にいつも怒っている。

それがいつしか自分、本当の自分だと勘違いをしてしまうのです。
また他人からも怒りやすい人間なんだと
レッテルを張られてしまうのです。


笑おうとする必要はない。

人間笑えないこともある。


ならば食べ物だったり、外の世界に依存して

笑いを取り戻すことだってできる。
何も出来ないことに真正面にぶつかることだけが人生ではない。
笑えないなら、笑わなくていい。
笑いたいなら、笑いを取り戻すことをするだけ、、、



怒るのは癖なんだと認識すること。

癖なら直せばいい。
足を組む癖と同じこと。


たったそんなことのように思えるが
首肩、背中の異常緊張
足の怠さ、全身の浮腫みにも
影響を出していました。
このようなことからも
自律神経は乱れていくのです。


縁ある方々に対して

お役にたてるように
貢献できるように
生きます。


地球に

日本に
ご先祖の方々に
感謝しています。