アドバイス。


こんにちは。
東京台東区上野御徒町
自律神経専門院
吉民整骨院院長の
西海晃斗です。

 

では・・・


月に一度、定期的に整体治療をお受けになられている50代の男性が
先日も来ていただきました。
治療前にいろいろなお話を聞かせていただき
治療に入るのですが、仕事のことについて質問を受けました。

 

私が勤務していた会社も小さな所でしたから
大きな会社だったり、いわゆるサラリーマンがどのようなものなのか
わかりません。


そうですが、有り難いことに心理学を教えていただいている先生が

大企業の相談役をしているので、その事例をお話しして下さるので
私には大きな学びになっています。


その方は上司との関係でお悩みでしたが、

それを敗者の論理を使い説明させていただきました。
これは私が教えていただいた、今年一番の学びです。

この敗者の論理を使い説明していると患者さんが
「先生は、、、大人ですね、、、」
と話してくれました。


私が大人かどうかはわからないが、

私は自己成長することを大切にしている。
常に成長することを意識している。
だから昨日の自分と今日の自分は
明らかに違うと言い切れる。


この敗者の論理も心理学で学ばせていただいたものです。

敗者の論理とは何?
とGoogleで調べても、何の意味もないのです。
言語を知っていても、それがどのようなことなのか実践できなければ
意味がないのです。


実践=行動です。

学んだり、知ったことは行動することでしか
自分の身にならない。
そして人に伝えることで、
それがさらに身になっていきます。


カラダが調子が悪い時は悩まずに治療を受ければいい。

そしてココロがアンバランスになっている時も同様で
治療を受ければいい。
それで良くならなかったら、
また対策を考え行動すればいい。


良くなったら感謝すればいい。

行動する前に、いろいろなことを考え悩んでしまうことで
疲れてしまったりする。


恐がらずに行動してもみよう。
そうすれば、何かが起きるようになっている。


この患者さんも、数年前に紹介でお出でになりましたが

その時の症状は寝れない位の腰の痛みでした。
紹介者を信じて、また当院を信じて通院していただいていることに
感謝しています。


縁ある方々に対して

お役にたてるように
貢献できるように
生きます。

地球に
日本に
ご先祖の方々に
感謝しています。