お昼寝。


こんにちは。
東京台東区上野御徒町
自律神経専門院
吉民整骨院院長の
西海晃斗です。

 


では・・・

 

今では、お昼寝を推奨している会社もあります。
2014年に厚生労働省でも、短時間の昼寝を勧めています。

ご飯を食べて終えてからの数十分の仮眠だけでも、
論理的思考能力の向上などの効果があるともいわれております。
時間に追われている人、やることに追われている人は
特に仮眠をとってみてはいかがでしょうか。


昔なら、怠け者、だらけているように思われたのかもしれないが、

現在は仮眠をとっている人は、
午後に向けての英気を養っているのかもしれませんよね。


10分から20分の仮眠をこまめに取ることで、

頭がすっきりクリアになるなら、仕事もよりはかどり、
イライラすることも減ってくるのではないのだろうか。


私は自分の細胞のバランスを知っているので

その時間には10分から20分位の
仮眠を取るようにしています。


これは休日も同様でこのリズムを大切にしています。

自律神経を整える一番大事なこととして
自分のライフワークのリズムを整えることだと思っています。


少し窮屈に感じるかもしれないが

寝る時間、起きる時間を一定にしていくだけでも
自分の心が落ち着いてきます。


また、何時に寝て、何時に起きるのかを

自分なりに試してみると、
自分のココロとカラダにとって
最適な時間が見つかるでしょう。


仮眠グッズなどもいろいろあるので

使ってみると良いと思います。


縁ある方々に対して

お役にたてるように
貢献できるように
生きます。

地球に

日本に
ご先祖の方々に
感謝しています。