不機嫌。


こんにちは。
東京台東区上野御徒町
自律神経専門院
吉民整骨院院長の
西海晃斗です。

 

では・・・

 

朝から不機嫌な人を見ました。
コンビニでお会計の時に
店員さんが手こずっていたのでしょう。
それに対して不機嫌な
表情で遅刻しちゃうんです!!!
とプンプンしていました。

この不機嫌な感情も怒りの一種なのです。
人間は人生の大半を
不快な感情に支配されているのです。

そして、その怒る反応を選択したのは
自分なのです。

だが人は自分は怒らせられたと思い込み
相手のせいだと考えるのです。
ここから怒りがエスカレートする場合が
多くなる。


この方はこの店員さんの仕事ぶりに対して

怒っていると思っているのだが
実は朝起きてから、そのコンビニエンスストアでの
お会計までの間に自分が不機嫌な状況になっている
不機嫌な状況を選択しているのです。
今の出来事が問題なのではなく
それまでの出来事に何かがあるのです。

==========================
そしてその深いな感情が、
さらなる不機嫌な状況を引き寄せるのです。
引き寄せるというのか、
そこに自分が向かっているともいえる。
==========================

喜んでいても、悲しんでいても、
怒っていても、楽しくても
その感情の選択をしたのは自分です。

他人が世の中がそのようにさせることはない。
他人が、世の中がそのようにさせたと思っているのは
自分を表層で安心させるためです。
そのように考えていても
変容は起きない。


そのような不快な感情で一日を過ごすことで
カラダとココロにも影響が出てくる。
首、肩こり、不眠などの自律神経系の問題
あらゆる所が痛くなる原因の一つです。

縁ある方々に対して
お役にたてるように
貢献できるように
生きます。

地球に
日本に
ご先祖の方々に
感謝しています。