次の一手。

ご予約はこちらから

  • 東京の自律神経整体「吉民整骨院」
  • お問合せ・ご予約はコチラ

次の一手。


吉民整骨院院長の西海晃斗です。

 

 

では・・・

 

 

囲碁、将棋、麻雀などでは、次の一手と言われたりします。

 

私はどれもやらないのですが、

 

次の一手で形勢が逆転することはよくありますよね。

 

野球でもサッカーでも、そしてオリンピックなどを見ててもよくあります。

 

 

私は最近それをよく考えます。

 

次の一手。

 

 

ここを簡単に打って良い一手と

 

待たなければいけない一手が存在します。

 

 

気づけるようになってきたのは、

 

自分自身を見つめれるようになってきてからです。

 

 

ですから言葉にも気をつけなければいけない時、

 

そして返信も遅らせなければいけない時があります。

 

これはかけ引きとは違い、言葉のミスが許されない時は

 

慎重に返信を書く必要があると思っています。

 

 

ではそれだけの仕事なのか?

 

等と言われたりしますが、

 

日々自分がどのような自分に成ろうか考えた時に、

 

小さな小さな一手が、実は自分を大きくしていることもあるのです。

 

少しずつですが、中国歴史を学ぶようになってきてから、変わって来ています。

 

 

突然ですが、骨盤矯正の話しにしてみよう。

 

骨盤等、筋骨格形は外的な圧力で直ぐに変化は出ます。

 

これは当たり前なのですが、これを戻らないようにするのかが大事になってくると思います。

 

 

歯の矯正は何年もかけて矯正するのに、

 

身体の矯正が1~2回位で良くなり、

 

それが戻らないとなれば、それは奇跡でしかない。

 

 

やはり戻らないようにするには、それなりの刺激を一定期間与え、

 

更に生活習慣、姿勢等を気をつけていかなければいけない。

 

その中で私が大事にしている、他では行われていない一手は相手を中道になってもらうことです。

 

 

私自身も中道に入るのだが、相手にも中道に入っていただき、恐れを理解していただけたら

 

身体、筋骨格系の歪みが少なくなると実感しています。

 

そこまでやると、とてもマニアックなのだが、これが将来スタッフ誰でもできる様にしてあげることで

 

様々な可能性が大きくなると思っています。

 

 

先ずは自分が何ができるのか考え、

 

自分の器を少しずつ大きくしていこうと思っています。

 

 

今日もお役に立てる様に

 

貢献できる様に生きます。

 

 

地球に日本にご先祖の方々に感謝します。

症状別

営業カレンダー

MAP

吉民整骨院
台東区台東3-27-10-102

  • カテゴリー

  • アーカイブ