同調。


よしたみ整骨院院長の西海晃斗です。
では・・・
同調とは、
どのようなものなのか。
調子を同じくする。
調子を合わせる等という意味がある。
他の意味、使い方もあるそうです。
私の整体施術では
同調という手法も使います。
相手の身体を、
自分の身体の状態に合わせて
施術をしたりします。
簡単なことでしたら、
相手と呼吸を合わせるだけで、
同調が起きるので、
その空間はとても気持ち良いものになります。
ここまでは直ぐに出来るので、
目新しい事ではなかったりします。
簡単なようで難しく、
難しいようで簡単でもあります。
高度なのは自分が中庸、
中道に入ることです。
中には治さないから、
治る。
このようなことを言われる方もいますが、
それは正しいのですが、
大雑把でもあります。
自分が施術に対して中庸に入れば、
相手がそれに同調が始まる。
そして、相手が自我が強ければ、
相手の中庸をこちらが取れば、
相手の身体は
自然に変化を起こしてきます。
中庸、中道に入るから、
治さないということになります。
先ずそこを意識して、
それから施術をしていくと
効果が出てきます。
そこに意識をなければ、
手法、やり方だけに目を向けて
しまうのです。
卵の殻に意識を向けるのか、
黄身に意識を向けるのか、
全く違います。
これも見てるだけ、
話しを聞いてるだけでは
わからない。
このような事を
お伝えする講座を
これから開催します。
今あるテクニックが
数倍の効果を出すことに
気づけます。
今日も縁ある方々に
お役に立てるように
貢献できるように
生きます。
ご先祖の方々に感謝します。