問題。


 

吉民整骨院院長の西海晃斗です。

 

 

では・・・

 

 

問題をどう捉えるのか。

 

問題が起きた時にどう捉えるのか。

 

あまりにも楽観的すぎると、

 

他者のせい、

 

世の中のせいにしてしまいがちです。

 

 

そして、あまりにも悲観的過ぎると

 

自分のせいだと決めつけたりします。

 

 

どちらも好ましくないですよね。

 

 

やはり反省するべきところは正直に反省して

 

次に向かうことです。

 

反省して相手に伝えたけど

 

相手は、それに応えないかもしれないが

 

それはそれでいいのです。

 

 

相手にも考えがあり、限界もあるから仕方ないことです。

 

 

相手の反応、結果に執着することなく

 

一番は自分の良心を大切にすることです。

 

 

自分が反省して謝りたいと思えば

 

しっかり謝り、後の結果には期待してはいけません。

 

 

ただ自分の正直な気持ちを伝えたら

 

結果は出ないかもしれないが

 

相手の心は解ってくれると思います。

 

 

そのように自分の良心に沿った行動をすると

 

どのような結果が出ようと後悔はなく

 

安心、満足、充実した心境になれると思います。

 

 

結果はコントロールできません。

 

無限の可能性があります。

 

だが限界はある。

 

それが人間です。

 

 

自分勝手だったり、

 

自己中心的だったり、

 

怒りっぽい自分をも優しく受け止めながら

 

今日も楽しく縁ある方々の為に

 

施術させていただきます。