family。


おはようございます。

 

よしたみ整骨院院長の西海晃斗です。

 

 

では・・・

 

 

家族。

 

ここ数日考えてた事です。

 

両親の事を考えてました。

 

 

両親が健康で仲良くしてくれてる事が一番幸せだと思った。

 

特に私は両親が遠くにいるからこそ、

 

感じる事なのだろう。

 

今は家族を、

家族として見てない自分がいるんだ。

家族として見てないとは、一見冷たく見えるが、

違うんだ。

それは両親を一人の人間、

一人の男性、女性として見れるようになってきた。

妹の事もそうなんだ、、、

一人の女性なんだ。

急にそんな感じに考えるようになってきた。

不思議なものです。

だからだろう、

相手の言葉を聞いても家族なのに、、、

家族だから、、、

何で?

このような否定的な感情が自分には無くなった。

そして、自分の思い通りにコントロール、

執着する事もなくなった。

両親も、ただの一人の人間なんだよ。

両親、家族と考えるのもいいが、

その気持ちが強すぎると、

軋轢が生まれる。

相手を自分の思い通りにコントロールしたがる。

人間関係、自分自身に言えるが、

少し俯瞰した方が上手くいくのだろう。

家族といえども、

生きてる道は違う。

それぞれの価値観があって当然だろう、

だから仲良く健康でいる事が一番なのです。

少し思いやれるようになった気がする。

やっと、まぁるくなれてきたのかな、、、

ありがとう。

ご先祖の方々に感謝します。