限界がある。


おはようございます。

 

吉民整骨院院長の西海晃斗です。

 

 

では・・・

 

 

誰でも限界はあります。

 

限界は人によって違います。

 

 

そして、これが固定観念とも言われます。

 

限界が無いと言われる方もいますが、限界はあって当然なのです。

 

 

限界があってもいい、生きていく中で徐々にその限界の幅を

 

拡げていけばいいだけの話しなのです。

 

無理に拡げる必要はない。

 

 

そして自分の限界、相手の限界を理解してるからこそ

 

、相手の行動を許すことが出来るのです。

 

 

勿論、いらだつこと、腹の立つことがあるでしょう。

 

だが一度考えてもらいたい。

 

相手にも限界があったからこそ、そのような行動を取ったことが

 

解ると、少しは許せませんか。

 

 

そして、その相手は自分のニーズを優先しただけなのです。

 

そうすると許すことはできるのです。

 

 

許すから自分は楽になる。

 

自分にも限界がある、そして相手にも限界がある。

 

相手は変える事は出来ないから、自分の限界、フレームを

 

少しずつ大きく拡げていけば、楽に生きれます。

 

 

だから今の自分を否定する必要はない。

 

少しずつ理想の自分に成っていけばいいのです。

 

 

今日も楽しく過ごしましょう!!!

 

 

先日、三か月ぶりにお見えになった50代の女性の方。

 

膝の問題で来られましたけど、首、頭の骨を調整して

 

歩きやすくなり、驚きと喜びでいっぱいでした。