執念。


おはようございます。

 

吉民整骨院院長の西海晃斗です。

 

では・・・

 

執念と執着とは似てるようで似てないのです。

 

勘違いされやすい言葉です。

 

「執念」とは「執着してそこから動かない心」
「執着」は「一つのことに心をとらわれて、そこから離れられないこと」

 

執着は良い意味でもどちらでも受け取られのだと思います。

 

悪か善かという事ではなく、使い方の問題だと思う。

 

執着も自分の人生。

 

例えば生き方に執着するのなら素晴らしいことです。

 

だが、誰が見てもおかしい方向へ執着してるのなら手放した方が良い。

 

自分のミッション、ビジョンに執念を持ち向かってるのなら

 

それは良いのではないのか。

 

自分の生き方に執着してるならいいのではないのか。

 

自分が成長する為に、そして幸せになる為の執着、執念は決して悪いものではない。

 

自分のこの先を見つめ、今の習慣で良いのか考えて見た時に手放すことが出てくる。

 

そこで手放せれば、良い意味で執着してないと言えるのだろう。

 

執着も執念もプライドも良い方向へ使えばいい言葉になる。

 

ただそれだけ、、、。