削ぎ落とす。


おはようございます。

吉民整骨院院長の西海晃斗です。

 

 

では・・・

 

 

不要なものは、削ぎ落とした方が良い。

不要なものとは贅肉、要らない習慣、関係性が無くなった人間関係です。

 

新たな事をやるのもいいが、痛みが出ない様に、健康になる様に、新たな事をやる人が多いが、実は不要なものを捨て、やらない事を決めて、いく方が重要なのです。

 

例えば痛みが出てるのだとしたら、痛みが出ない様に何をやればいいのか聞いてくる方が多い。

 

でも何かをやるのではなく、今やってる事で要らない事を止めた方がいいのです。

 

そこが解ってなければ、痛みの迷宮入りに直行してしまうのです。

要らない事が、何かが解らない場合もある。

 

だが、よくよく自問自答するとその位は解るのです。

 

それでもわからない場合は、その習慣を止めようとした時、でも、だってと言いたくなる。

 

それが自我、エゴと言われる物の正体です、

 

今の生活に新たなものを加える前に削ぎ落とす。

削ぎ落とすと本来の自分に成れる。

 

本来の自分は幸せなのです。

 

削ぎ落とすから幸せになれるのです。

 

不安があるからプラスするではなく、不安だからこそ削ぎ落としてみればいい。

 

必ず新しい何かが見えます。