温めのお風呂。


東京台東区上野御徒町
自律神経専門院
吉民整骨院院長の
西海晃斗です。

 

 

 

では・・・

 

 

 

 

夜は温めの
お風呂に入ることで、
副交感神経が
優位になります。

 

 

 

温めのお湯でも、
ゆっくり浸かっていることで
身体が温まってきます。

 

 

 

 

お風呂から上がった時に、
体温がどんどん下がっていき、
眠気が催します。
すると寝つきが良くなります。

 

 

 

熱いお湯は朝
温めのお湯は夜。
38~40度くらいの温めのお湯に浸かり
睡眠の質を上げましょう。
すると自律神経は整います。

 

 

ご縁のある方々の
お役に立てるように
整体施術をさせていただきます。

 

 

 

※女性スタッフの募集をしております。
施術に興味のある方、
気軽にご連絡ください。