解釈の仕方。


こんにちは。
東京台東区上野御徒町
自律神経専門院
吉民整骨院院長の
西海晃斗です。

 

 

では・・・

 

 

一つの事実があり、
解釈は無限にあると言われます。

 

 

自律神経症状(不眠、目まい、頭痛、パニック、肩こり、腰痛など)でお悩みの方々は
その捉え方に悩んでいる方が多いです。
先程も書いたように、
捉え方は無限にあります。

 

 

だが、一つしかないと考えたりしてしまいがちです。
一つしかないと考えてしまうと、
心も頭も窮屈になってしまう。
想像できますよね。

 

 

本当は無限にある。
解釈は無限にあるということを前提にすれば、
一つの物事に囚われている自分に疑問が持てるでしょう。

 

 

では、なぜ一つの物事に囚われたり、
無限にある解釈に目を向けることが、
できなくなってしまったのだろうか。

 

 

それは、世の中の常識、権力、権威者の言うことを聞いていれば、
間違いないという考え方から起きているのだと考えます。
自分で決めれなくなっていることです。

 

 

自分で決めることができないから、
誰かの意見に従う、
それで上手くいかなくなったら、
その人の責任という考え方から起きていると考える。

 

 

自分の人生だから、
自分が選択、決定していくこと。
そして責任ある人とは、
どのような人なのかを理解することで、
自分の行動は変わる。

 

 

自分を責めても、誰かを責めても変わらない。
自分の解釈を変えて、
自分を信じて、
少しづつでも歩くしかないのです。

 

 

ですから、一つの解釈に囚われず、
この道もある、この道もある、
まだこんな道もあったと考えるだけで、
心には余裕が出るものです。

 

 

少しのことで、
人は元に戻れるようになります。

ご縁のある方々の
お役に立てるように
整体施術をさせていただきます。