慌てず、焦らない、競わないが、自律神経と関係がある。

  • 東京の自律神経整体「吉民整骨院」
  • お問合せ・ご予約はコチラ

慌てず、焦らない、競わないが、自律神経と関係がある。


こんにちは。
東京台東区上野御徒町
自律神経専門院
吉民整骨院院長の
西海晃斗です。

 

では・・・

 

患者様とお話ししていて、
感じることがある。

 

歩くのが遅くなった。
あの人についていくのがやっと。
歩いていても、みんなに抜かれる。
このように言われる方がいます。

 

例えば、歩くのが遅くなったから何が困るのか?
特定の人より、歩くのが遅ければ、
何か不都合があるのかと考えてしまう。

 

この競争意識を持つより、
今歩けている現状に感謝することが大事だと思っている。
つまり競わないということです。

 

自転車でも歩いてでも、
車でも、
そして電車から降りる時、
乗る時に慌てず、焦り、競うとどうなるのかは、
想像がつくはずです。
その先に、あなたが求めている
幸せはないです。

 

また、そこで、慌て、焦り、競うことで、
自律神経までもがバランスを崩してしまう。
自律神経、自分のエネルギーは周りに影響するからこそ、
自律神経のバランスを整えることで、
周囲に良い影響を与えることができる。

 

車でも抜かれたからと感情的になり、抜き返してやろうと、
自分もスピードを上げると、
何か心がざわつく感じがします。

 

逆に、一歩でも半歩でもいいから、
自分が相手に譲る気持ちを持つとかがでしょうか。
車でもどうぞ。
自転車でも抜きたければどうぞ。

 

その姿勢だけでも、自分の心は安定していき、
穏やかになってくるのではないか。
だからこそ、不要な競争に巻き込まれないことです。
不要な情報を入れないことも、執着から解放されるには、
どうすればいいのかも考えていただきたい。

 

自分が不要な競争意識、焦り、慌てている状態は
偏っている状態と知った方が良いです。
そこから、抜き返してやろう、抜かれたから悔しいと感じている時は
自分の心はさらにバランスを崩していると言える。

 

そんな時は相手に譲る姿勢を
そのような行動をとるだけで
バランスは保つことができる。

 

自分の自律神経を整えて
免疫力を高めて
美しく長生きしましょう!!!

縁ある方々に対して
お役にたてるように、
貢献できるように
生きます。

 

地球に
日本に
ご先祖の方々に
感謝しています。