幸せの基準。


吉民整骨院院長の西海晃斗です。

では・・・

幸せの基準って、人それぞれ違いますよね。

何が幸せなのかって、本当に違います。

でも一つ言えることは

人が見て不幸だと思う経験をした人ほど

幸せの基準が低くなっていると思います。

何かが手に入ったから、良いことがあったから

幸せというのではなく。

今日も動けている事だったり、呼吸ができていることだったり

目が見えることだったり、それだけで幸せであり

感謝出来ているような気がします。

何か特別な事が無ければ、幸せを感じれないなら

それは自分に対して厳しくしているのかもしれません。

取りあえず、今日も何かに挑戦できる権利をいただいたことに

感謝です。

幸せの基準を下げていけばいくほど

心は豊かになり、自然体になります。

幸せだったり、最高の気分だったり、楽しい感情だったり

それは、逆の一面を見て、感じて、気づいたからこそ

本当に有り難いと思えるのです。

挑戦して挑戦して、

情けない自分を見ることも重要な事なのかもしれない。

それにより、新しい自分に生まれ変わるのです。


縁ある方々に

お役にたてるように

貢献できるように

生きます。

地球に

日本に

ご先祖の方々に

感謝します。