脚下照顧。


  • 吉民整骨院院長の西海晃斗です。
  •  では・・・
  • 脚下照顧。
  • 今日はこの言葉が頭に浮かんできました。
  • 元々は禅の言葉で
  • 自分の足元をよくよく見なさいという意味です。
  • 他を見ず、他に悟りがあると考えないこと。
  • 自分をよく見つめなさいという戒めの言葉でもあります。外、他人に何かを言う前に、自分の足元を見て、自分のことを反省しなさい。
  • 自分のことを反省する。
  • 自分の本性、特性を知る。
  • 他人がやっている、
  • 自分が不快だと思う行動は
  • 自分もしている。
  • だが、自我が勝っている時は、
  • 自分が同じようなことをやっていることを
  • 受け入れることができない。

 

 
 
1日にこんな事はざらにある。
ならば、目にした不快なことを
自然体で見るだけで
普段とは違った角度、
次元から現象を見ることができる。
 
悟りたいなら外を見るのではなく、
自分の足元を見ればいい。
いや、悟るとか大それたことではなく
自分流の幸せを追求したいのなら、
足元を見ればいいのではないのだろうか。
 
そして、誰かを判断したくなったら
自分はどうなのか?
を考えて見るだけでも
今までとは違った自分に
なれるのかもしれない。
 
今日も最高の時間を過ごせました。
ありがとうございます。
ご先祖の方々に感謝します。