損得。


吉民整骨院院長の西海晃斗です。

 

 

では・・・

 

 

損得ではない部分。

 

これがとても大事だと思う。

 

 

全て損得で動いてたら

 

それはどうなのだろうか。

 

 

いつも全て損得で動いてて

 

何かあったから募金、、、

何かを期待しての募金、、、

 

これでいいのかなぁ。

 

 

勿論、損得、利益を上げることは重要な役割だが

 

そこには菩薩行とも呼ばれるような行為だったり

 

慈しみの精神も必要に思う。

 

 

カッコつけるわけではないが

 

何かに困ってる人がいたら

 

私も最大限のサポートをしたいと考えてる。

 

 

そこには損得勘定が存在しない訳で

 

やりたいからやってるというだけである。

 

 

損得で動くことも悪いわけではない。

 

個々の価値観の問題です。

 

 

だが損得で敢えて動かない事も

 

動かない選択もある。

 

そしてそれが本来の自分の道を明るく示してくれたり

 

自分の隠れてた神性を引き出してくれるのだと信じてる。

 

これからの時代、

 

利益重視だけでは無い、

利益も大事、

そして人間力も大事

 

そして誰と仕事をして

誰と目標を達成して

 

誰と共に幸せになっていくのかを

求められてるのだと思う。

 

 

たまには自分が損をするようなことをしても

 

後でそれ以上のギフトは来るようになってる。

 

損得もあるが

自分がやりたいことをやりながら

 

目の前の事に一生懸命歩んでいけばいい。

 

そう思う。

 

 

今日もご縁のある方々にお役にたてるように

 

貢献できるように、一生懸命生きるだけです。

 

ご先祖の方々に感謝します。