運を上げる。


吉民整骨院院長の西海晃斗です。

 

 

では・・・

 

 

身体が痛かったり、今までに起きた事が無いような出来事が起きた時に

 

人は私って不幸で痛みも取れなく、

 

このままどうなってしまうのだろうと考えがちです。

 

 

だが、その時に少しだけ考えてもらいたいのが、

 

以前と比べる事です。

 

 

以前と比べるとどうなのかです。

 

大きくは不幸な現象、痛みは変わってないのかもしれない。

 

だがよくよく観察してみると、

 

変わってるのです。

 

 

その時に、以前より痛みが減ってきてる。

 

もっというなら、痛みではなく、楽になってきてると言ってみて欲しい。

 

それだけでも身体は嬉しくなり、

どんどん治そうとしてくるのです。

 

不幸な現象も同じようなものです。

 

最高に不幸な状態からみたら、今はどうなのか。

 

そう考えると少しずつだが

 

幸せになってきてるのが解るだろう。

 

少しだけでも自分の方向性、道に光がさした時に

本当の自分の生き方に気づけるだろう。

言葉だけを変えてみればいい。

その言葉だけが難しいようであり、

簡単な事です。

たった一つの言葉の使い方で変わります。

毎日、幸せな言葉を使っていきたいものですね。

今日も、人間力向上する学びをしてきます。

ご先祖の方々に感謝します。