依存。


おはようございます。

 

よしたみ整骨院院長の西海晃斗です。

 

 

では・・・

 

 

人は、何故依存するのか、、、。

 

こんなこと考えた事ってありますか。

 

 

依存性の高いものってなんだろう。

 

食べ物だったら、甘いものが代表的であり、

 

辛い物もあるでしょう。

 

 

またタバコ、コーヒー、お酒、お菓子など、、、

 

上げたらきりがない位、

 

依存性の高いものが、

 

この世の中に溢れかえってます。

 

 

でも一番代表的なものに、

 

携帯、SNSがあげられると思います。

 

これが無くなったら、

 

大半の方々が困るでしょう。

 

 

実際、連絡が出来なくて困るのではなく、

 

何か淋しい感覚になってしまうのだろう。

 

これが依存の代表的な心の状態なのだと思います。

 

 

この依存する正体に気づけてない人が多い。

 

依存性が高いのは、幼少期に原因がある。

 

それを知ってれば今からでも、

 

改善して自律することは可能なのです。

 

 

だが、中々幼少期の問題を自分でクリアにするのは難しい

 

だから簡単に手に入るもので、

 

代用するという訳なのです。

 

でもそれでは根本的な解決には繋がらない。

 

ずっとそれが側に居ないといけないからである。

 

自分は何に満たされてないのか?

 

それにより何に依存してるのか?

 

そこを知り、それを受け止めてから変わってくる。

 

でも、そのものに依存しなくても、

もう私たちは自分の力で、

未来を創造できる力があるから、

自分で自分の全てを認めてあげることが重要なのです。

これは痛みにも言える事なのです。

痛みを出す事で救われてる人がいる。

悲劇のヒロインになり救われてる人がいる。

本当に自分を救うこととは、

自分が楽しい気持ちいい感情に持っていってあげる事だろう。

つまり自己成長して、

問題をクリアしていく事だと思う。

それが自分の大切な身体を預かってる責任。

ご先祖の方々に感謝してます。

 

症状別

営業カレンダー

MAP

吉民整骨院
台東区台東3-27-10-102

  • カテゴリー

  • アーカイブ