過去のこと。


おはようございます。

吉民整骨院院長の西海晃斗です。

 

 

では・・・

 

 

過去の事って、良いことも悪いことも思い出したりしますよね。

 

良いことも悪いことも存在しないのだけれど、自分にとって

 

良いかどうかで判断してしまいますよね。

 

 

過去の事を思ってた所で、この先は変わらないのだけれど考えてしまう。

 

もし考えるのなら、反省する所はして、

 

今後に生かしていけばいいだけなのです。

 

 

今後にどう生かしていくのかだけなのです。

 

そして自分にどのような質問をするかで、

 

脳は答えを変えます。

 

 

否定的、消極的な質問には、そのような否定、消極的な質問をします。

 

逆にポジティブ、前向きな質問をしてあげる事で

 

、そのような答えを導き出していくのです。

 

 

過去の事に捉われるのもいいが、前を向いて歩くしかない。

 

 

先日、とてもポジティブな患者さんが見えた。

 

足を引きずりながら見えた方でした。

 

とても辛そうでした。

 

検査をすると、膝は勿論のこと、全ての関節が歪んでる状態でした。

 

 

この方は今までの自分の生活を反省して、まだまだ付き合う

 

大事な身体を労わろうとしてました。

 

素晴らしいことです。

 

 

痛みから、幸せに変わる。

 

ここが起きた出来事を無駄にしない生き方です。