夢。


おはようございます。

吉民整骨院院長の西海晃斗です。

 

 

では・・・

 

 

夢を見る。

 

夢を描く。

 

 

あなたには夢がありますか。

 

 

夢は死ぬまで持ち続けていいものだと思ってます。

 

だが、大人になると夢を持つ、夢を語ることが出来ない、または語れない。

 

そんな空気も感じられます。

 

 

純粋に夢を描くことで、日常に変化が出てきます。

 

何でもいいです。

 

少しだけ生きる希望を持ってればいい。

 

決して大きな夢でなくていい。

 

小さな一歩が、やがて大きな一歩に変わります。

 

 

誰にも話す必要はないから、少しだけ夢を考えてみる時間なんかを設けてみたらいかがでしょう。

 

出来ないとかできるとかも関係ない。

 

自分の心に正直に行動してると、とても楽になります。