困ったこと。


おはようございます。

吉民整骨院院長の西海晃斗です。

 

 

では・・・

 

 

困ったことは起きない。

 

心配事は起きない。

 

よく、このような事が言われる。

またこのような書籍も出版されてます。

本当に困った事、心配事は起きないのか・・・

それは本当に起きない。

困った事、心配事ではなく、それは学びなのです。

自分が学んでるのです。

自分が成長してる、または成長する為に学んでるのです。

そして困った事、心配な事というのは、自分がそのように解釈してるだけです。

だから困った事、心配事は起きない。

だが、困った事、心配事を考え過ぎる事で、そのようになってしまうことはある。

それが思考が現実化するという事でもある。

だから考え過ぎない事が大事だと思う。

では、考え過ぎないようにするためには、何をすればいいのだろう。

それは、今の目の前の事を一生懸命にやるだけでいいのです。

ただそれだけで、不要な方向への思考をシャットアウトできるのです。

それでも自分には困ったことが起き続けるなら、一番の原因は何か・・・

それは、自分に嘘をついてる生き方をしてるのです。

イヤイヤ、私は正直者だと言われるかもしれない。

そうであれば、その出来事は起きない。

例えば、誰か権力者に言われたから、その人に好かれるために行動を起こした。

恐らくこの人についていけば・・・

この人の所にいれば・・・

この人のいう事だから・・・

これは自分に嘘をついてるのか、どうか解るだろう。

自分に正しいと思い込ませることは、嘘偽りになると思う。

そのように生きてると、自分には困った事、心配事いわれる、気づきのギフトが贈られるようになってるのです。