話しを聴く。


こんにちは。
東京台東区上野御徒町
自律神経専門院
吉民整骨院院長の
西海晃斗です。

 

 

 

では・・・

 

 

話しを聴くって、
簡単なことだと思いますが。
実は簡単ではない。

 

 

話しを聴くというのは、
しっかり聞くことなんです。
話の途中で自分の意見を言おうとしたり、
相手が話してる途中で
自分の頭の中で○○なのになぁと
考えているのは
実際、話は聞いていないのです。

 

 

このような聞くという姿勢は、
身近な人との会話に起きやすいです。
話の途中で、あっわかってるよ!
そんな話はいいから、さっさとやって!
等々です。

 

 

そして話しを聴くのは
とてもエネルギーを使うのです。
実際、トレーニングをすると解りますが、
くたびれます。
また話しを聴く時に、
自分の心身のバランスが取れていないと、
聴くことはできない。
心の状態が不安定なら、
本来ならあっそうなんだ!
と流せる所が妙に引っかかって、
相手を理詰めで追い込んでしまう。

肉体のバランスがとれていなくても、
そんな話を聞いてる暇はないの!と
自分のルーティーンを
何となくこなす日常となります。

 

ですから、
身体、心の問題は優先順位を一番にして
自己投資して時間を掛けて
丁寧に扱う必要があります。

 

 

すると、余裕がある会話が生まれる。
「そっか、そうなんだね」
話しを聴き終わった後にこの言葉を使うだけでも、
自分も相手も心地よくなれる。
それはテクニックではなく、
心から伝えること。

特に身近な人との会話の際に使うと、
温かいエネルギーが流れるでしょう!

 

「あっ、それね!」
「へぇ~」
「うんうん」

 

これは潜在的に聞いていないと捉えられます。
お互いの自律神経を安定させるためにも、
しっかり話を聴いて、
健全な相互関係を築けると良いですね。

 

ご縁のある方々の
お役に立てるように
整体施術をさせていただきます。

 

※お身体の質問などで、
繰り返しお電話を頂くことがございます。
施術の関係上、お話しできる時間が取れないことが多いです。
来られている患者様の施術環境、施術の流れ、施術の予定を
一番に考えております。
ご理解いただけますよう、
宜しくお願い申し上げます。

 

※スタッフの募集をしております。
施術に興味のある方、
気軽にご連絡ください。