不眠症でお悩みの男性。


こんにちは。
東京台東区上野御徒町
自律神経専門院
吉民整骨院院長の
西海晃斗です。

 

 

 

では・・・

 

 

不眠症で悩んでいました50代の男性。
本当によく頑張りました。

お薬を飲んでも、
漢方薬を飲んでも、
鍼をしても、
整体をしても、
眠れませんでした。

 

 

お薬も何種類も変え、
心療内科、
内科、
何院も変え、
鍼灸院にも行き、
整体院にも行き、
それなのに変わらない。
と言い来院されました。

 

 

来られた時は
パニック状態でした。
勿論施術も行いましたが、
同時にカウンセリングも行いました。

 

 

 

私は
『今眠れないことに、メリットありますよね?』
と聞くと
『そんなこと無いですよ』
少し怪訝そうに答えていました。

 

 

 

意味が解らなければ、
私の言っていることが、
冷たく感じ
デリカシーが無い先生に
感じることでしょう。

 

 

 

残念ながら人は
自分の今の状態に
メリットを感じているのです。

 

 

例えば、
眠れないから
→同僚に案じてもらえる。
→仕事に遅く行ける。
→重要な案件もこなさなくていい。
→夜の誘いを断ることが出来る。

 

 

このようなことがあるのです。
人間には必ず、
陰陽が存在している。
その陰陽が存在していることに気づけると、
今の苦しんでいる状態の中に
メリットがあることに気づけるのです。

 

 

いつも泣く人はどうなのか?
優しくしてもらえることや、
今まで、泣いて状況を変えてきたことが
あるのかもしれない。
そこにメリットがあるから、
存在している。
それがメリットで無くなれば、
病気も消えていくと信じている。

 

 

 

ある言葉に過剰に反応するのなら、
その言葉があなたに当てはまっているということ。
話しの流れを捉えることが出来ずに、
一部分だけを捉えるのなら、
その言葉に執着しているのです。

 

 

過去の出来事を言われ動揺しているのなら、
自分が過去の出来事を気にしているということ。
だから過剰に反応して、
それが関係無いよう振る舞う。

 

 

この不眠で悩んでいた男性も同様でした。
この男性が素晴らしいのは、
諦めなかったこと、
そして素直に一緒に歩んでくれたこと、
そして私を信じてくれたこと。

 

 

それにより、
毎日薬を飲んでも寝れなかったのが、
今では一ヶ月の中で
薬を飲む日が4,5日になりました。

 

 

本人は私にこう言いました。
『やっと先生が言っていた意味が解りました。
そして、自分は試されていることに気づきました』
その様に言いながら、
涙ぐんでいました。

 

 

この人は、
苦しみ悩みから、
自分の生き方を変えました。
つまりあり方を変えたので、
完治するでしょう。

 

 

私は症状を治したい。
良くしたいし。
良くするように全力で向かいます。
それと同時にその人が生き方を変えて、
一瞬一瞬を大事に
過ごしてもらいたいと思っています。

 

 

笑顔が失われたのなら、
誰かがあなたを笑わせてくれるのです。
辛い時こそ、自らが行動を起こすのです。

 

 

自分の言っていることと、
行いが一致していれば、
身体は良くなってきます。
他人をごまかせても
自分はごまかせない。

 

 

それを知っているのは自分自身です。
今日も皆さまが穏やかな時間を過ごせますように…

 

ご縁のある方々の
お役に立てるように
整体施術をさせていただきます。