不眠でお悩みの女性。


こんにちは。
東京台東区上野御徒町
自律神経専門院
吉民整骨院院長の
西海晃斗です。

 

 

 

では・・・

 

 

 

不眠でお悩みで来られている
30代の女性の方がいます。
この方が望んでいることは、
薬を飲まないで眠れるようになりたい。
当院に来られている
多くの方が望まれていることです。

 

 

その患者様も10回前後を終わった辺りから、
自分に大きな変化が出て来たのを
気づかれていました。

 

 

私は唐突にこんな質問をしてみました。
『今、幸せですか?』

 

 

『幸せですよ』

直ぐこのような返答をしていました。

 

 

幸せである。
在る。

 

 

自分は幸せだという存在価値が大事なのです。
病気だから、幸せではないという価値から
気が病んでいくのです。
それから病気になっていく。

 

 

ポジティブな言葉を使うのはとても良い。
それと同時に自分は健康で在る。
その様な自分の存在を認めれるのかどうかで、
変わるのです。

 

 

薬を飲んでも効果が無かったり、
原因が無いのに痛みが出たりしたことは無いだろうか。

 

それは自分の力が
とても偉大だからなのです。
薬よりも自分の力は強く、
自分が原因だと思っていないストレスが
原因のこともある。

 

 

 

原因不明な症状は
全部ストレスに考えがちだが、
ひとえにストレスと言っても、
自分の解釈の仕方や
捉え方が原因なことが多いのです。

 

 

 

つまり、思い込みに囚われているのです。
囚われや執着が強くなっても
病気になってしまう。

 

 

あなたに嫌な人がいるとしましょう。
その人のどのようなことが嫌なのかを思い出して、
身体の可動域をチェックしてみると解ります。
多くの人は身体が硬く成ったり、
身体が重くなります。

 

 

 

その人のことを考えただけなのに、
身体は硬く成ったり、
重くなったりするのです。
体重も条件も変わってないのに、
不思議ですよね。

 

 

 

だが、あなたはその嫌な相手のマイナスの部分、
つまり陰を見ているだけなのです。
その人はずっと嫌な人ではない。
良い所も充分にあるのです。

 

 

 

 

いつも私はこのように聞きます。
この辛い状況になったメリットはありますか?
私自身も考えるようにしています。

 

 

 

痛みや不快な症状が無くなり、
活き活きとして生きる方。
輝いて綺麗になる方は、
この質問にたいして即答します。

 

 

 

この質問に即答が出来た時、
この辛い状況や
痛みから卒業できるのです。

 

 

その様な方々が
月に1、2度のメンテナンスで来られています。

 

 

 

自分の身体は自分で守ること。
生まれながら弱い部分はある。
ならばその部分を悪くしないように
定期的にメンテナンスすること。

 

 

 

 

悪くなり痛くなり、苦しくなり、
それから治療をするほど、
自分の身体をいじめてはならないのです。

 

 

 

他人をいじめること、
自分をいじめることは罪が重い。

 

 

今、今ここから、
幸せで在ることにより、
一分後も幸せで在る自分で入れるのです。
その一つ一つがあなたの人生なのです。

 

 

 

全てを受け入れるのも
否定するのも、
囚われて生きるのも、
自由に生きるのも、
あなたの選択であり。

 

 

 

今の自分が幸せなら、
他人の言動を気にすることは無いのです。
そして、今の自分が幸せなら、
その幸せな自分でずっといたからなのです。

 

 

自分が否定しても、
今の自分は自分が望んでいたことです。
それは紛れもない事実です。

 

 

今日も皆さまが穏やかな時間を過ごせますように。。。

 

 

ご縁のある方々の
お役に立てるように
整体施術をさせていただきます。