噂話し。


おはようございます。

 

吉民整骨院院長の西海晃斗です。

 

 

では・・・

 

 

人の噂も七十五日

 

【読み】 ひとのうわさもしちじゅうごにち
【意味】 人の噂も七十五日とは、世間で人があれこれ噂をしていても、それは長く続くものではなく、やがて自然に忘れ去られてしまうものだということ。

 

これは本当の事だと思います。

 

人は忘れる生き物なのです。

 

最初は辛かったりするかもしれない、でも自分のやる事だけに集中してれば、全く問題なくなるのです。

噂、陰口、他人の行動が気になる時は、今自分がやるべきこと、仕事に集中してれば、そのような想念に惑わされることは無い。

自分らしく生きれるのです。