心の風邪。


こんにちは。
東京台東区上野御徒町
自律神経専門院
吉民整骨院院長の
西海晃斗です。

 

では・・・

 

自律神経系の問題、
うつ病などは心の風邪とも言われます。
風邪と言うと、誰でも掛かりますし
誰でも掛かると思うと
少しは気も楽になるでしょう。

 

心の風邪と言われるものの
あなたはうつ病と言われてしまうと
大変な病にかかってしまったと
考えてしまいがちです。
そのうつ病という言葉が
自分を苦しめてしまったりもします。

 

うつ病も大変な問題とは考えず
誰でもかかる恐れがある
風邪のようなものだと考えることは
重要に思えます。

うつ病というのは、
心の病気ですから、
心の問題に原因がある場合が多いです。

 

何もやる気になれない。。。
身体も心も重い。。。

 

そんなことは、
通常誰にでもあることです。

このような感情もうつの一種です。
ただ、通常は睡眠を取ったり
運動をすることなどで
自然にそのような気持ちもなくなってきますが
うつ病はこのような感情が残ってしまい、
何故か悪い方悪い方へと考えてしまい
自分の心が真っ暗闇になってしまうのです。

 

誰かに何かを話せると
とても楽になったりしますよね。
話すことも出来なかったり
仕事への不安や自分が一人で孤独である。

または自分の大切にしている
何かを失ったという感情に囚われてしまい
その感情から逃れられなくなり
次第に自分の気持ちをコントロールできなくなるのが
うつ病です。

 

自分の心さえコントロールできないのが人間で
みんな不完全だと思えば
楽に生きれます。

 

誰かに何かを話せる
そんな環境は幸せなことです。

 

ご縁のある方々の
お役に立てるように
整体施術をさせていただきます。