身体が重いのは疲れ?


こんにちは。
東京台東区上野御徒町
自律神経専門院
吉民整骨院院長の
西海晃斗です。

 

 

では・・・

 

 

先日、毎月定期的にご来院している50代の女性から、
一か月早いですけど、
ご予約のお電話をいただきました。

 

 

急に体が重くなって、
何にもやる気が出なくなったとお話しされていました。
仕事も辞めたくなったとのことです。

 

いろいろお話を聴いていると、
一つのきっかけがありました。
それが原因だと解りました。

 

そこで筋力テストをしていき、
お話を聴きながら、心のバランスを中道、
ニュートラルに戻していきました。

 

本人はただ話をしていただけなのに
体が軽くなっていると喜んでいましたが、
このようになった原因をお話しして、
思考が偏っていたから、
身体の重さと気分の浮き沈みが出ていたことを伝えました。

 

本人は心の問題もカラダに影響が出るのが解っている方なので、
真剣に聞いてくれて
私もとても助かりました。

 

人は一日の中で何度も感情が揺れ動いています。
大きく揺れる時もあれば、
小さく揺れる時もあるでしょう。

 

だが、その揺れ幅は
なるべく小さい方が自分の身体にとっても良いと思います。

 

感情の揺れ幅が大きいほど
内臓は勿論、血液、血圧にも影響を与えます。

 

ですから、なるべく揺れ幅が小さく自分がしてあげることで、
身体に優しい生活を送ることができます。

 

自分のやる気のなさが性格の問題、
性質の問題だと勘違いしている方がいます。

 

心の問題からやる気が無くなったり、
自分の価値に気づけなくなる場合が多々あります。

 

少しの治療で自分の人生が大きく変わり、
将来を考えられる余裕も生まれてきます。
自分の身体は勿論、
心も大切に過ごしてください。

 

ご縁のある方々の
お役に立てるように
施術させていただきます。