涙。


こんにちは。
東京台東区上野御徒町
自律神経専門院
吉民整骨院院長の
西海晃斗です。

 

では・・・

 

最近、来られる、初めての方が
問診の最中に涙を流すことが多いです。

 

それだけでも、とても辛かったことが伺えます。
人は本当に辛い時には、大きな声をあげ泣くというより、
涙が自然と流れるといった表現が合うのかもしれない。
知らない間に涙が出ていたといった感じなのだろう。

 

涙を流すだけで、
スッキリすることもある。
感情はスッキリするのだが、
根本解決にはならない。

でも、涙により
自分が心から
辛かったことが認識できる。
だから良いものでもある。

 

私は症状を改善することも大事だと思っているが、
それより、先ずその人にどのように寄り添うのかが、
一番重要なことだと思っている。

 

私も辛い経験をしたことがあります。
だからこそ、他人に対して慈しみ、
慈愛の精神を持つ。
そのように決めています。

 

問診中でも、今までの辛さ、悩みを聞いた時に、
施術家も周りの人も自分の意見を言いたくなるが、
それを相手は求めてない。

 

しっかり聞くことと、共感をすることが
相手が求めていることだと感じる。

 

ただ聞いてあげること
最初はそれだでいいのではないのか。

 

聞いてあげることは忍耐力が必要なのと
器の大きさが求められる。

 

これはテクニックではない
人間力の問題だと思っている。

 

ご縁のある方に
お役に立てるように
施術させていただきます。

症状別

営業カレンダー

MAP

吉民整骨院
台東区台東3-27-10-102

  • カテゴリー

  • アーカイブ