片頭痛の前兆。


こんにちは。
東京台東区上野御徒町
自律神経専門院
吉民整骨院院長の
西海晃斗です。

 

では・・・

最近は気圧の変化、温度差により
自律神経の乱れが原因での
頭痛、耳鳴り、目まい、慢性疲労、肩こり、腰痛、不眠でお悩みの方が
多く見えています。

 

年齢性別問わず、
かなりの方がお悩みになっています。

 

これからは、お仕事が忙しく成ったり
人間関係のお付き合いも増えるので
さらに自律神経が乱れやすくなります。
しっかり整えるようにしてあげてください。

 

片頭痛の中には、痛みの前に目の前がチカチカしたり、
ギザギザしたりするものが見えたりする
閃輝暗点などの前兆があるものがあります。

 

これはセロトニンと関係があり、
セロトニンを大量に放出した脳の血管が、
収縮した時に脳の血流量が減少するために起こるものなのです。

 

実際に閃輝暗点がみられる方、
全体の10~20パーセントになりますが、
大半は発作の30~1時間前に起こり、
30分位続きます。

 

また片頭痛の方は、閃輝暗点が無くても、
頭痛の起きる1~2日前に、
首肩こり、手のしびれ、イライラ、甘いものが欲しくなるなどの、
頭痛が起きる予感を感じ取る人も少なくありません。

 

片頭痛は、
遺伝的要素が大きいとされていますが、
特に前兆のある頭痛では
遺伝する確率が50%程度と言われています。

 

だからと言って諦めることなく
薬を飲まないで、
根本から解決していきましょう!!!

 

ご縁のある方に
お役に立てるように
させていただきます。