腸内環境と自律神経。


こんにちは。
東京台東区上野御徒町
自律神経専門院
吉民整骨院院長の
西海晃斗です。

 

では・・・

 

腸内環境が悪く、自律神経が乱れている人は、
血液の流れが悪く、身体の調子全体も悪いので
表情も曇りがちだったり、メンタル面にも影響が出てきます。

 

例えば、直ぐにイライラしたり、怒ったりと
感情の起伏が激しくなると言っていいでしょう。
嬉しいときには過剰に喜ぶのだが
何かを注意された時にも同様に
表情に出してしまうのです。

 

このような人の側には
なるべく近づきたくないので
そのような感情の起伏が激しい人は
自然と孤立しがちになります。

 

また腸内環境と自律神経が整っていれば
感性、直観力は増してくると考えます。
自律神経が整っている状態は
朝から快適に動けるので
仕事もはかどりますし
腸内環境が整っていれば
栄養の吸収もしっかりできているので
便通も良いので、身体は軽くなってくるでしょう。

 

腸内環境が良くなることと自律神経が整えば、
自分の選択と行動が早くなります。

 

自分にとって最適な選択と行動ができるようになるので
自分にとって最適な人としか会わなくなったり
自分にとって最適な洋服を身に着けるようになったりと
腸の環境と、自律神経を整えることで
魅力的になっていくでしょう。

 

自分の腸の状態も意識しながら
過ごすことはとても大事なことです。
でも、あまり真剣にならないことです。
真剣になりすぎて
バランスを壊しても問題なので
自分の身体の調子を見ながら
試行錯誤することをお勧めします。

 

縁ある方々に対して
お役にたてるように、
貢献できるように
生きます。

 

地球に
日本に
ご先祖の方々に
感謝しています。