神経質。


吉民整骨院院長の西海晃斗です。

 

 

では・・・

 

 

神経質な人。

 

神経細かい。

 

細部に拘る。

 

あまりいい表現で使われる事はないのかもしませんが、

 

良い表現だと気配りができる、

細かい所まで気づく等も言えるのでしょう。

 

何故か周りにこのような人ばかり現れるのか。

 

もし周りにこのような人がいるのなら、

 

いや、このような人ばかりいるように感じるのなら

 

それは自分の問題です。

 

自分が変わるしかない。

 

この世の中、そして目の前の人は自分に何かを教えようとしてるのです。

 

そこに気づけなければ、目の前にはいつも同じような人が現れます。

 

そうならば自分から受け入れ認めてしまった方が早い。

 

 

その様に受け入れ認める事で

 

目の前の現象は大きく変わります。

 

 

神経質だったり、高慢だったり、横柄だったり、

器の小さい自分を受け入れるだけで

 

とても楽になります。

 

どちらにしても両極を知ってるのが大事です。

 

 

神経質な自分を受け入れる事で

 

反対側の自分の良い所が最大に出てくる

不思議なものです。

 

反対の自分を受け入れる事で

 

本来の自分が出てくる。

 

 

それを知ってるだけでも見える景色が変わってきます。

 

そして生きるのが楽になります。

 

ですから神経質でもいいのです。

 

そんな自分を優しく癒してあげるだけで良い。

そうすると自由な存在になれるのです。

人それぞれどんな人間になりたいのかは違うけど

人の為、人を喜ばせるために生まれ

 

幸せになる為に産まれてきたのは事実です。

そうならばどんな自分にも優しくして

 

自分がなりたい自分に成るような

 

生き方をしていく事を優先すればいい。

 

その為には嫌な自分を受け止めればいい。

 

だから神経質でもいいのです。